東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】151話ネタバレ感想!ヒーローは逃げない

東京卍リベンジャーズ151話のネタバレ感想です。

 

エマの死によって、

マイキー、ドラケンの心は崩壊状態…

もう未来は変えられないのではないか

タケミチの心も折れかかっています。

 

しかし、そんな惨状の裏側で

東卍は更なる危機を迎えていました。

東京卍リベンジャーズ151話のネタバレ

東卍のメンバーたちはザワついていました。

 

この日、天竺との決戦を控え、

東卍メンバーたちは集まっていました。

しかし、リーダーであるマイキー、ドラケンらが姿を現さないことで、

メンバーたちは不穏な空気を察し、

大事な決戦を前に、結束力を失いかけていたのです。

 

その後、メンバーたちは

エマが襲撃され、亡くなったことを伝えられます。

これによって、

マイキー、ドラケンがどういう心理状態に陥っているかも察したことでしょう。

 

メンバーたちの不安そうな表情、雰囲気からも

天竺との決戦への勝機を失いつつあるのを感じるのでした。

 

一方、病院にいるマイキーは、

相変わらず虚ろな表情を浮かべ、

一言も発することなくうなだれています。

 

その横には、タケミチ。

そして、ヒナちゃんの姿がありました。

エマの死を伝え聞いたヒナは、

急いで病院に駆けつけてきたのです。

 

そして、エマの死を現実に突き付けられ、

嗚咽しながら、涙、倒れこんでしまいます。

 

うなだれるマイキー

泣き崩れるヒナ

 

そんな2人の姿を見ながら

タケミチは強く思うのでした。

 

前に進まないと

 

そして、タケミチはヒナに対して

次のようなメッセージを送ります。

 

これまで逃げ続けの人生だった。

だけど、まだできることがある。

君に笑っててほしいから。

 

ヒーローは逃げない。

 

逃げていても何も変わらない。

だから、前に進むしかない。

どんなに苦しい展開が待っていようとも

ヒナを守るためなら、死だって怖くない。

 

このような決意を伝え、

これから起こるであろう

稀咲との決戦の場へと歩みを進めていくのでした。

156話の感想!

最後のタケミチのセリフ

決着つけようや稀咲!

これには痺れましたね。

 

そうなんですよね

結局のところは2人でケリをつけない限り。

未来が好転することは考えられません。

 

そして、稀咲のタイムリープ説

更には稀咲の真の目的は何なのか。

 

タケミチ、稀咲のバトルの中で

この辺りが明らかになってくるのでしょうか。

 

ここまで稀咲のいいようにやられてますから

タケミチの反撃を期待したいところ。

東卍最大のピンチですが、

みなで力を合わせて乗り越えてもらいたいですね。